Sweet(スウィート)

全ての女子のココロとカラダのキレイのために

痩せる人続出!今話題のビールダイエットの効果と方法を解説♪

      2016/12/28

今までは非常識だと思われていた、ダイエット中のビール。

しかし、今「やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい」という本が話題になっていますね。

ダイエットとは無縁だと思っていた物で痩せる事が出来るなんて、驚きです。

実は、ビールをはじめとするお酒はカロリーの割には太りにくく、メリットも沢山あるそうです。

実際調べてみると「ビールで痩せた」という報告がネットで次々とあがっているようです!

そこで、ビールダイエットの効果と方法をまとめてみました!!

 

◆ビール大瓶1本とご飯お茶碗1膳は同じカロリーですが・・・
ビールのカロリーの2/3はエタノール(アルコール成分)です。
このエタノールは体にはほとんど蓄積されず、分解して体の外に出てしまうカロリー。
カロリーは同じでも、体に蓄積される炭水化物とは違い、ビールなら摂っても安心という事ですね。

◆ビールに癒し効果が!?
ビールに含まれるホップの香りには、アロマ効果がある事がわかりました。
ダイエットのストレスや、学校や仕事、家事などで受けたストレスは、ビールの香りを嗅ぐだけで癒やされてしまうのです。

◆アロマ効果でリラックス
ワインやウイスキーなど、比較的香りが強いお酒には、アロマ効果があり、リラックス効果があることが知られていますが、ビールにもその効果が!
女性はとかく、ストレスで食に走ってしまいがち。
その点、ビールは香りだけでもストレスを減らしてくれるので、精神衛生上にも暴食ストップに効果アリ!

◆女性にとって嬉しい栄養成分も!
ビールのカロリーはエタノールですが、ビールにはビタミンB群が多く含まれています。
ビタミンBは、太りすぎな人が病院で処方される薬にも含まれています。
満腹中枢を刺激して、空腹感を鈍くさせる働きがあるんです。
それにビタミンBは肌荒れにも効果があるという事で知られています。
肌荒れにはチョ○ラなんとかっていうアレですね。
しかも抗酸化物質であるポリフェノールも含まれているのでアンチエイジング効果も!

 

ビールダイエットの最も効果的なやり方は…

ビールダイエットという名前を見ると、ビールを毎日ガバガバ飲みまくるダイエットのように聞こえますが、ただビールを沢山飲むだけではもちろん痩せません!

そもそも、一般的にビールで太ると思われている理由は何だか知っていますか?

ビールを飲んで太るのは、飲みながら食べる高カロリーの食事が原因。

アルコールが体内に入ると脳が刺激され、食欲が沸いて普段では食べないものや量を食べてしまうようです。

特に居酒屋では美味しいメニューが沢山あって何でも食べたくなっちゃいますよね。

話が盛り上がって楽しくなると、普段では食べないほどの量をあっという間にビールと飲み込んでしまった…なんて事も(泣)

ビールを飲むと、気分がおおらかになり、食欲増進の効果があります。

いくらビールを飲みながら楽しくダイエットができるといっても、食事も多少は我慢しなければならないことを理解してから行いましょう。

 

◆炭水化物を減らしてビールに置き換え
これがおそらく、一番ダイエットに効果があるビールダイエットのやり方なのではないでしょうか。

多くの人が成功して、5キロ、8キロという減量に成功したという方法をここでは紹介します。

夕食のご飯代わりにビール
食事は3食朝、昼と摂って、夕食のご飯の代わりにビールをいただくという方法。

まず、朝食はしっかりと食べる。
こうすることによって、昼食時間を少し遅らせることが出来るんです。
すると、夜に空腹を感じることが少なくなるはず。
そして、パンよりも、腹持ちの良いご飯がお勧めです。
朝食は、一日のスタートとしてとても大事なものなので、朝食抜きはあまりお勧めできません。

お昼も炭水化物はOK!
好きなものを食べてよいそうです。
といっても、一応ダイエット中なので、カロリーの高いものを沢山食べるのはNG!
夜食べれないからと昼に食べ過ぎるのも痩せにくい原因を作ることになります。
普段と同じか、気持ち少なく食べるようにしましょう。

 

そして、いよいよ、ビールダイエットの夕食です!
まず、ビールを自分の飲める範囲内でぐびぐびと飲みます。
美味しくて幸せですね!
しかし、アルコールですので飲みすぎないように注意しましょう。
多くの人が行っているのは、350ミリ1缶かそれ以下のようです。

そして、その後にお腹一杯になるくらいの水を一気に飲みます。
ビールと水のおかげでこの時点でお腹がかなり膨れてくるはずです。

そしてその後は、ご飯以外の夕食のおかずを少しずつ食べながら、ゆっくりとビールを飲みます。
このとき、ビールを飲んでいるからといって、おかず以外に別におつまみを用意するということはしません。

おかず自体をおつまみとしてビールを楽しくいただきましょう。
おかずのメニューはカロリーの低い和食の居酒屋メニューのようなもの、野菜、あとは、お腹にたまりやすいスルメや昆布などもお勧めです。
炭水化物に手が出ないように気をつけてくださいね!

 

◆どんなビールを飲めばよいのか
最近は、ビールの各メーカーがいろいろな種類のビールを出していますよね。
上記の癒し効果や栄養成分を期待するならホップ100%で作られたビールがお薦めですが、よりダイエット効果を狙うのであれば、太りにくいとされている、糖質オフのビールでしょう。糖質オフのビールはカロリーも他のビールに比べてかなりおさえてありますね。

最近では、各メーカーがこぞって糖質オフのビールを販売していますから、色々と試してみて自分のお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

◆飲むビールの量は?
飲めるビールの量というものは、アルコール分解レベルにもよるので人によって異なります。
いくら成分にこだわってビールをチョイスしても、飲みすぎては意味がありません。
ネット上ではロング缶2本というのが最も多いようです。

ビールには上記に触れたようなメリットもありますが、もちろん、アルコール摂取過剰によるデメリットもあります。
体調を崩さない程度に、自身の体質や体調で調整しましょう。

それと、ビールをはじめ、アルコール飲料には利尿作用もありますのでビールを飲む際にはかならず水分補給を心がけ、脱水症状にならないようにしましょう。

そして、休肝日もつくりましょう。
毎日飲むと肝臓が常にアルコールを分解し続けている状態で酷使されてしまいます。
理想は週に2日、出来れば連続してアルコールの摂取を控えるようにしましょう。
こうすることで、48時間程度身体にアルコールが入ってこない状態になるので、しっかりと休肝になるのだそうですよ。

Ryo Yamazakiさん(@rojiman)が投稿した写真

◆理想的なビールダイエットの方法をまとめると…
・朝食は、ご飯、たんぱく質を含め、沢山食べる
・昼食は、夜の空腹を紛らわすため、少し遅めの時間にとる
・夕食は、まずビールから!ガブガブと飲む(自分の適量を見つけましょう)
・その後、お腹一杯になるまで水を沢山飲む
・あとは、ビールをゆっくりと飲みながら、カロリーの低いおかずを食べる(炭水化物禁止!)
・休肝日を作る

これなら、本当にストレスフリーで出来そうですよね。

大好きなビールが飲めるなら、楽しく今日からダイエットが始められそう!

より短期間に、美しく痩せたい…

そんな美意識の高いあなたには、こちらのレポートが参考になります!

http://sweetsfum.com/sup

たった1ヶ月で62.7kg→53kgの減量に成功したというこの方が取り入れた「生酵素」。

しかもダイエット効果だけでなく、二日酔いにも効く上に心を穏やかにする効果や肌や髪の潤いを保つ効果まであるんですね!

今なら初回限定で定期購入を申し込むと1ヶ月分が送料のみで買えるそうなので、これを機会にぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

▼「生酵素」の体験談はこちら!

http://sweetsfum.com/sup

画像:Paam†

 - ダイエット